新作歌舞伎『あらしのよるに』が歌舞伎座で2016年12月に再演!

東京の歌舞伎座で『あらしのよるに』が再演されます!
関西の公演情報ではないのですがあまりに嬉しくて、ニュースとしてブログ記事を投稿します。

歌舞伎『あらしのよるに』とは

『あらしのよるに』は2015年9月に京都南座で初演を迎えた新作歌舞伎。
同名の絵本がもととなった作品で、原作絵本はアニメ映画化もされています。
中村獅童さんが狼のガブ役、尾上松也さんが羊のメイ役を演じており、この配役は再演でも続投されるそう。

初演当時は口コミを中心に人気が広がりました。実はわたしも、口コミに影響されて観劇を決めたひとりです。
わたしの場合、事前情報を読んでも「絵本が新作歌舞伎として上演される」イメージが湧きませんでしたが、Twitterで観劇された方の熱量の高い観劇レポに突き動かされ、衝動的にチケットを取っていました^^;
2015年に観劇した作品の中でも特に記憶に残る、ほんとうに良い作品でした…!

狼や羊という動物を歌舞伎らしくデフォルメして表現し(特に羊はとてもかわいらしく悶絶もの)、
つい笑ってしまうような和やかなシーンから、手に汗握るアクションシーンもあって観客を飽きさせず
飛び六方など随所に歌舞伎のエッセンスがちりばめられていて
この作品を作り上げた出演者・関係者のみなさまの気概を感じる作品でした。

子どもから大人まで、歌舞伎初心者も歌舞伎ファンも同様に楽しめる作品だと思います!
詳しい感想はこちらの記事にも書いていますので、よろしければご覧ください(^^)
たくさんの方に観てほしい、お勧めの新作歌舞伎3本

再演の公演情報詳細

上演期間・場所

東京歌舞伎座にて
2016年12月2日(金)~26日(月) 第一部(午前11時~)に上演

チケット代

1等席 15,000円
2等席 11,000円
3階A席 5,000円など…
詳しくは、歌舞伎美人の公演情報をご覧ください。
十二月大歌舞伎(歌舞伎美人ウェブサイトへ)

おそらく1幕だけ観劇できる幕見席も販売されます。
気軽に観劇するなら3階席か幕見席がおすすめですが、初演の時は役者さんが1階の客席に降りてくる演出がふんだんにあった(!)ので、役者さんのファンは通路側・または花見横の1等席をとっても損はないかも。

チケットは11月12日(土)から一般販売開始。チケットWeb松竹や、お電話などで購入できます。

配役

ガブ役の中村獅童さん、メイ役の尾上松也さんをはじめ、再演でも多くの役者さんが続投に。
敵の親玉であるギロのみ変わっていて、再演では市川中車さんが出演されます。

個人的に、東京まで遠征しようかな…とまで考えている今回の再演。ご興味ありましたらぜひ、ご覧になってくださいませ!

この記事はお気に召しましたか?
ランキングのバナークリックまたはSNSでシェアしていただけると、励みになります!
  • にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 歌舞伎へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です